何をするにもWEBが不可欠な時代

WEBの説明と、その役割について

何をするにもWEBが不可欠な時代
WEBとは、英単語では蜘蛛の巣、蜘蛛の巣状のモノを意味します。蜘蛛の巣のように、世界中に張り巡らされているインターネットのシステム、その中核をなしているのがWEBであり、簡単に言うと、文字や画像をレイアウトして見せ、簡単にアクセスできるような仕組みのことを意味します。このシステムを利用して、文章や画像を利用してインターネット上で国を問わず公開されているのが、WEBサイトと呼ばれるものです。つまり、WEBページはWEBシステムがあってこそ成立しているものなのです。

こうしたWEBサイトは、かつては、作成するにはコンピュータに関する専門的な技術、知識が必要で、また非常に時間もかかっていました。そのため、WEBページを有しているのは、主には企業や公的機関などでした。しかし、面倒なデータの打ち込みを必要とせず、コンピュータに関する知識をあまり有していない人、またその操作に慣れていない人でも簡単にWEBページを作ることができるソフトが開発されてからは、個人でもWEBページを持つ人が増えてきました。インターネット上で個人が何かを公開すると言うことは、ブログやツイッターなどを利用している人が多い現代ではさほど珍しくありませんが、個人のWEBページ作成と言うのはその先駆けでもあります。

Copyright (C)2017何をするにもWEBが不可欠な時代.All rights reserved.